投稿

産業貿易省のミーティング

イメージ
1月31日 
バリ州産業貿易省(Dinas Perdagangan dan Perindustrian) 主催の
貿易説明会に行ってきました。

私達は石材の輸出業が主ですが、集まった人たちは
魚の輸出、チョコレートやハンディクラフトの輸出の会社の人たちが多数でした。



昨年頃から、政府機関の各許認可は会社の登記書などの書類を全てインターネットを通してアップロードして申請する方法へと変わりました。

まだ全ての許認可が変わっているわけではありませんが、
販売業、輸出入の認可は、インドネシア政府が進める" OSS " (Online Single Submission)
のシステムにデータをアップロードし手続きを取るようになりました。

今までと違うのは、何箇所もの役所に通い、毎日書類があれが足りないこれが足りないと
言われなかなか手続きを進めてくれないということは無く、会社のデータが全て揃ってさえいれば、遅くとも1週間以内には認可が下りるということ。


この点は、すばらしいと思います。
輸出入業も毎月INATRADE というウェブサイトにアクセスし、月の売り上げをアップロードして報告は終わりです。役所に出向くことも無く報告業務が完了できるのは良いことですね。

税関業務も経済産業省とタイアップしてさらに輸出売上高を増やしていけるように企業を後押しするとのことでした。

今後もインドネシア政府機関は変わっていきそうですよ。。。


 ジェトロのホームページ:
許認可手続きをオンラインシステムで運用開始



あけましておめでとうございます

イメージ
あけましておめでとうございます。

2018年、インドネシアは日本と同じく、災害の多い年でした。

バリ島アグン山の噴火。

デンパサール空港では航空機の離発着が出来なくなりました。

建築関係では、砂や砂利の供給がストップして価格が以前の倍近くまで跳ね上がり、

大変な混乱がありました。


8月にはロンボク島での地震。

建物の倒壊、山崩れなどがあり、たくさんの犠牲者が出ました。

バリ島でも、プールの水がゆっさゆっさと

大きく揺れるほど の大きな揺れでした。

10月、今度はスラウェシ島で大きな地震と津波が発生し、たくさんの家屋が

倒壊、津波に押し流されました。

そして12月、アナック・クラカタウ山の噴火で地震が無いのに津波が発生し

気づかなかったたくさんの人たちが津波に飲み込まれてしまいました。

こうしてみると、本当に災害続きの大変な一年でした。

ホラス・インドネシアのスタッフや、サプライヤーさんには

直接被害を受けた人はいませんでしたが、

ボランティアで物資を送ったり、避難してきた人たちに仕事を与えたりと

人々の顔は明るく、前を向いています。

 2019年は、災害の無い年であってほしいですが

もし、また大変な災害が起こったら、助け合って前を向いて歩いていきましょう。

2019年、皆さんにとって幸せで平穏な年になりますよう、

従業員一同、心よりお祈り申し上げます。


バリ・グリーンという名の石とフランスの古城

イメージ
バリでよく聞かれる天然石材の名前、
バリ・グリーンという石があります。

 色合いは、グリーンというより
モス・グリーン。

日光に当たり続けると
茶色に変化していく石です。








建材として
それほど
知名度が無いのは、
切り出したときの
モスグリーンから
茶色へ変わる、

時間が経ったときの
色の変化が
大きすぎる
からかも知れません。













 多くは、エクステリア用の
彫刻の素材に使われます。

人気は仏陀やガネーシャ、
水がめを持った女神の像など。

アジアンな雰囲気の彫刻が欧米の方に人気です。






名前はバリ・グリーンでも
産地は、中部ジャワの山奥。


ここでは全て手で石を掘る

昔ながらの採石方法です。






フランスのお客様に
この石材を買って頂きました。

古いお城の修復に
このバリ・グリーンを使うそうです。

フランスの古城に使われている石と
このバリ・グリーンの色合いが
(茶色く変化した後の色合い)が
そっくりだそうです。








歴史ある建物の修復に
少しでもお役に立てる事は、
 ホラスとして
とても誇らしい限りです。






ブロック石材は輸出不可ですが、
カッティングなどの加工を施してあれば輸出可能です。

ご質問・お問い合わせはホラス・インドネシアまでどうぞ

ホラスのウェブサイトへ戻る方はこちら。

チャンディ・イジョ寺院遺跡とブレクシーストーンの採石場

イメージ
インドネシアのジョグジャカルタ郊外にあるプランバナン寺院は世界的にも有名なヒンドゥー教の遺跡ですが、その周辺にもたくさんの遺跡があることをご存知ですか?

プランバナン寺院の南に、チャンディー・イジョと呼ばれる小さな遺跡があります。西側にはチャンディ・ボコ遺跡があります。どちらもプランバナン寺院を上から見下ろせる程の高い丘の上にあります。

数年前までは、知られることも無く荒廃した遺跡だったけれど、今では修復され、観光地としてにぎわっています。

チャンディ・イジョ寺院、ラトゥ・ボコ寺院遺跡の修復に使われているのが、ブレクシーストーン。ブレクシーストーンは、薄いグレーの石で軽く加工がしやすいのが特徴です。

チャンディ・イジョ遺跡のすぐ下にこのブレクシーストーンの採石場跡があります。
今では観光スポットとして人気。





 この採石場は閉鎖されましたが、
別の地区ではまだブレクシーストーンのブロックは採石できます。
ブレクシーストーンは、ブロック、またはタイル材に仕上げることも出来ます。
壁に施工するなら厚みは15-25mm程度で。

お問い合わせは、ホラス・インドネシアまでどうぞ。
ホラス・インドネシアのウェブサイトへ戻る


ホラスインドネシア設立11周年。

イメージ
株式会社ホラスインドネシアを2007年8月8日に設立してはや11年。
たくさんの方々の支えと応援、スタッフ達の努力があったからこそ
今日まで仕事を続けることが出来ました。



 2018年8月11日、ささやかな記念のパーティをホラスの新しいオフィスで開きました!




事務所といっても、ヴィラ風なのでオープンなリビングは寛げます!
今回来られなかった方も是非新事務所にお立ち寄りくださいね。




今回、来て頂いた方、また来られなかった方、今回お招きできなかった方、
全ての方々に、感謝です。
これからもスタッフ共に益々精進していきますので、応援よろしくお願い申し上げます。

看板付きました

イメージ
ホラス・インドネシアの事務所をクタのマジャパイト通りからウンガサンに引っ越して半年以上が経ちました。

サインボードをどこにつけるか、デザインをどうするか迷っているうちに時間が経過。
やっと、設置完了しました。




















 壁にチャンディストーンのブラックとレッドをランダムに配置したものが背景にステンレスで作った HORAS のロゴがくっきり。
チャンディストーンは苔が生えやすいので、アクリルコーティングしてあります。





















GWKのすぐ裏、とは言え、実際に来社して頂くときには奥に入り組んでいるので
見つけにくいので、Jl.Merak IとJl.Pemukiman の交差点にもサインボードを設置しました。
これで夜道も明るくなりました!






























ぜひ、今度お立ち寄りください。
ホラスインドネシア ウェブサイトはこちら。

トゥルンアグンのマーブル

イメージ
トゥルンアグンに行ってきました。
ジャワ島の東部ですがほぼ中部に近い東部の南側。
バリ島の事務所を出発して3時間半。ギリマヌクでフェリーに乗りジャワ島へ。
そこからおよそ12時間。かなりハードなドライブでした。

トゥルンアグンはジャワ島内でマーブルの産地。
正確に言うとマーブルとライムストーンの間くらいの石です。

今回はオーストラリアのお客様から、プール周りのフロア用にマーブルのブッシュハンマー仕上げをご注文頂き、その石の検品の為にトゥルンアグンへ向かいました。


トゥルンアグンの工場はほとんどが小さな工場なので、カッティングは正直言ってかなり精度が悪いです。その工場の中でも私の細かい注文を聞いてくれる工場を見つけ、マテリアルの吟味から、カッティングの精度のチェック、出来上がった石の管理までひとつひとつ話し合いながら作っていきます。


やっと出来たら今度はバリ島の倉庫へ搬送。そしてクレートへ詰めていきます。



今週末、いよいよコンテナスタッフィング。無事にお客様の家に届き、きれいに施工されるといいですね。

 ホラス・インドネシアでは、トゥルンアグン産のマーブル(ライムストーン)のブッシュハンマー仕上げのタイル材を販売しています。




 サイズは600x600x18mm 壁用には600x600x15mmがお勧め。
柔らかい風合いと明るいいろでところどころにライムストーン特有の穴や黄色の筋があって、地中海風や南国風なデザインに良く似合う、やさしい雰囲気の石材です。

お問い合わせは、ホラスインドネシアまで。