投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

バリ・グリーンという名の石とフランスの古城

イメージ
バリでよく聞かれる天然石材の名前、
バリ・グリーンという石があります。

 色合いは、グリーンというより
モス・グリーン。

日光に当たり続けると
茶色に変化していく石です。








建材として
それほど
知名度が無いのは、
切り出したときの
モスグリーンから
茶色へ変わる、

時間が経ったときの
色の変化が
大きすぎる
からかも知れません。













 多くは、エクステリア用の
彫刻の素材に使われます。

人気は仏陀やガネーシャ、
水がめを持った女神の像など。

アジアンな雰囲気の彫刻が欧米の方に人気です。






名前はバリ・グリーンでも
産地は、中部ジャワの山奥。


ここでは全て手で石を掘る

昔ながらの採石方法です。






フランスのお客様に
この石材を買って頂きました。

古いお城の修復に
このバリ・グリーンを使うそうです。

フランスの古城に使われている石と
このバリ・グリーンの色合いが
(茶色く変化した後の色合い)が
そっくりだそうです。








歴史ある建物の修復に
少しでもお役に立てる事は、
 ホラスとして
とても誇らしい限りです。






ブロック石材は輸出不可ですが、
カッティングなどの加工を施してあれば輸出可能です。

ご質問・お問い合わせはホラス・インドネシアまでどうぞ

ホラスのウェブサイトへ戻る方はこちら。

チャンディ・イジョ寺院遺跡とブレクシーストーンの採石場

イメージ
インドネシアのジョグジャカルタ郊外にあるプランバナン寺院は世界的にも有名なヒンドゥー教の遺跡ですが、その周辺にもたくさんの遺跡があることをご存知ですか?

プランバナン寺院の南に、チャンディー・イジョと呼ばれる小さな遺跡があります。西側にはチャンディ・ボコ遺跡があります。どちらもプランバナン寺院を上から見下ろせる程の高い丘の上にあります。

数年前までは、知られることも無く荒廃した遺跡だったけれど、今では修復され、観光地としてにぎわっています。

チャンディ・イジョ寺院、ラトゥ・ボコ寺院遺跡の修復に使われているのが、ブレクシーストーン。ブレクシーストーンは、薄いグレーの石で軽く加工がしやすいのが特徴です。

チャンディ・イジョ遺跡のすぐ下にこのブレクシーストーンの採石場跡があります。
今では観光スポットとして人気。





 この採石場は閉鎖されましたが、
別の地区ではまだブレクシーストーンのブロックは採石できます。
ブレクシーストーンは、ブロック、またはタイル材に仕上げることも出来ます。
壁に施工するなら厚みは15-25mm程度で。

お問い合わせは、ホラス・インドネシアまでどうぞ。
ホラス・インドネシアのウェブサイトへ戻る