インドネシアからの石材輸出規制緩和

インドネシアのナチュラルストーン輸出に関して

石材を梱包するクレート
3月のブログで新たな規制が布かれ石材の輸出が

困難になったとお伝えしました。

"石材輸出に新たな規制"


建築資材用に加工された石材は

輸出できるのですが、

新たに施行された規制に関して

一部の関係者の中では解釈が異なる地域があり、

対立が続いていました。

その後、産業省や鉱山関係者、輸出事業者などが

何度も話し合いを重ねた結果

建築資材に使われるナチュラルストーンは

加工されたものに限って


ET-プロダクツの登録がされていなくても従来の輸出許可があれば

輸出出来るようになりました。

しかし、以前は輸出が可能だった石材で現在は輸出許可が下りない石材があります。
チャンディ・ジョグジャ ストーン



それは、カットや表面仕上げ、

彫刻などが施されていない

石材ブロックやスレート材です。



詳細は、ホラスインドネシアまで

お問い合わせ下さい。






イエロースルット ワビサビ

人気の投稿