ANN LIVING & ESTATE ブキットのヴィラ、いよいよ着工です。

今年の1月にデザインコンペで選ばれた

武蔵野美術大学建築学科の川見憲史さんの

MACHIYA x ATRIUM VILLA 

のコンセプトを基に設計した

ANN LIVING & ESTATE のヴィラが、いよいよ着工です。

場所はブキット、ジンバランの南にある小高い丘の上。GWK公園のすぐとなりです。

GWK(ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ)公園は、開発が今月に入って再開されました。

その影響で、ANN LIVING & ESTATE のこのヴィラの前の道路は、拡張工事が

予定されています。そして、水道も近々通る予定で、

ますます便利な立地になること間違いなし。

今月から、土木工事に入った現場は、6月の乾期のはずが雨続き。

この日は青空が広がっていました。

写真向かって右側がユニット A、左側はユニットBです。

ユニットAのヴィラのグランドライン(お庭の高さ)は、ほぼ青い服を着ている人の頭の高さ。

マスターベッドルームのバルコニーからのヴューは、天候がよければアグン山も、ベノアの港も

見渡せる高さです。


ANN LIVING & ESTATE MACHIYA X ATRIUM VILLA の御購入を御希望の方には、

現場へ御案内していますので、お気軽にホラス・インドネシアまでお問い合わせください。




人気の投稿